滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



県内最大規模の大会に

あざいお市マラソン、彦根抜き
 第21回あざいお市マラソン(10月9日開催)への申し込みが過去最多となり、県内最大規模のマラソン大会になることが、8日、わかった。
 参加者数は1995年の2156人をピークに年々、減少していたが、09年から増加に転じ、昨年は3738人で過去最高だった。
 今回はこれを上回る4818人となり、彦根シティマラソン(25日開催、4673人)を抜き、トップになった。
 中でもハーフマラソン(2809人、52%増)と10㌔(1286人、25%増)の中距離が人気で、事務局の長浜文化スポーツ事業団は近年、大阪や東京をはじめ、京都、奈良などの都市部で大会が開かれ、全国でマラソンブームに火が付いていることや、マラソン専門誌「ランナーズ」の大会100選に県内で唯一、選ばれたことをあげている。
 専門誌には参加者から「沿道の声援がすばらしい」「参加賞の近江米(新米)がおいしかった」「ロケーションがきれい」などのコメントが寄せられている。
 なお、大会は10月9日午前9時20分から大依町の浅井文化スポーツ公園を発着点にハーフマラソンなど、5種目がある


2011年09月08日 18:11 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会