滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



被災地でお手伝い

長浜ボランティア有志6人
 長浜ボランティア連絡協議会の有志6人がこのほど4日間の日程で、東日本大震災の被災地、宮城県南三陸町を訪れ、物資の搬送やイベント手伝いなどに取り組んだ。
 同町のボランティア拠点施設「ベイサイドアリーナ」に、支援物資を取りに来る被災者のために布団や日用品を運び出したり、2万人が集った復興応援イベント「福興市」で屋台を運営した。
 福興市は、地元商店街と町が再び幸せを取り戻せることを祈って毎月1回開催され、全国からボランティアが集結。地元宮城と全国の物産品が並ぶ。有志は福井県からのボランティアとともに、そば屋台を運営。大相撲の把瑠都大関もちゃんこ鍋の屋台を出し、被災者の人気を集めていた。
 同協議会の田渕まり子会長は「地元の方が『どないしとる』『何とか暮らしとる』と声を掛け合い、福興市は離ればなれに暮らす人達が久しぶりに顔を会わせられる良い場所となっていました」と振り返っている。
 有志の一人、廣田滋さんは「被災地は家の基礎しか残らず、草が茂っていた。道だけは整備されていたが、復興は想像以上に遅れている」と話していた。


2011年09月02日 18:44 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会