滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



暴力団排除へ、素案示す

長浜市が条例策定、市民の責務明記
 長浜市暴力団排除条例検討委員会が30日開かれ、市から条例の素案が示された。
 条例は、暴力団排除のための市、市民、事業者らの責務を定めることで、「市民の安全で平穏な生活」を確保するもの。全国の自治体で制定が進んでいる。
 基本理念として、暴力団を市民生活、社会経済活動に不当な影響を与える存在と認識し、「恐れない」「利用しない」「金を出さない」「交際しない」の順守を訴えている。そのうえで、暴力団排除に向け、市、市民、事業者、警察が連携することを求めている。
 市は暴力団排除に「資する」情報を知った際、警察への情報提供を行い、市民や事業者は市の施策に協力しながら、自主的に排除活動に取り組み、警察への情報提供に努める。
 暴力団による公共施設の使用については、他の条例の規定にかかわらず、許可しない。
 また、中学校で暴力団排除の教育を行うよう「適切な措置」を求めている。
 素案は検討委員会の意見を踏まえて修正し、10月から1カ月間、市役所や公民館、ホームページで公開。市民から意見を募る。
 施行は来年1月1日から。


2011年08月31日 18:02 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会