滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



夏恒例、地蔵盆始まる

週末に移行、お化け屋敷も
 夏の恒例行事、地蔵盆が20日、市内の一部で始まった。
 地蔵盆は通常、23、24の両日だが、少子化などで近年はこの日に近い週末にする地域が増えている。
 三ツ矢北町では平日開催だと、テントを設営したり、お参りする人が少ないため、10年以上前、週末に変更した。本尊は大正8年に木之本地蔵から分身された由緒あるもの。午前10時の鉦を合図に近所の人が集まり、お勤めをしていた。
 分木町では角田一輝君ら中学生15人が分木会館に、地蔵盆恒例のお化け屋敷を作った。肝試しの代わりに7年前から行っているもので、今年は16日から準備を開始。2階の大広間に黒いビニールシートを張り巡らせ、手作りのお化けグッズで、小学生たちを驚かす魂胆。
 十里街道沿いにある「十南町」の地蔵盆では、小さな子どもたちが、お供え物の見張り番をしたり、地蔵さんに手を合わせていた。


2011年08月20日 16:58 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会