滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



空気の力で家浮かす

三澤建築工匠の断震システム
 大地震への備えが改めて問われる中、神照町の三澤建築工匠(三澤泰博さん経営)では、地震発生時にホバークラフトのように建物を浮かせ、地震の揺れを遮断する「エアー断震システム」を紹介している。
 茨城県土浦市の建設会社「ツーバイ免震住宅」が開発したシステム。コンクリート地盤に家屋の基礎部分を乗せ、センサーが地震の強い揺れを感知すると、地盤と基礎の隙間に圧縮空気が送られ、家全体を数㌢浮き上がらせる。横揺れに、縦揺れに強いという。装置の設置費用は300万円程。
 三澤さんは「滋賀には琵琶湖西岸断層帯があり、震度7以上の直下型地震が想定されている」と指摘し、地震への備えを呼びかけている。同社ではミニチュアのシステムを備えており、見学を自由に受け付けている。
 問い合わせは三澤さんtel080(5344)6098へ。


2011年08月20日 16:54 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会