滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



小中学生が「火の用心♪」

夏休み、南新町自治会で連日夜回り
 長浜市朝日町の南新町自治会で連夜、子ども3人が拍子木を打って夜回りしている。
 住民人口26人(4月1日現在)の同自治会では、各世帯が順番に夜回りしていた。7月に町内に引っ越してきた夏川心月さん(長浜西中1)と妹の心里ちゃん(長浜小3)が親と一緒に夜回りを始めたのを機に、これまで町内唯一の小学生だった宮光希君(長浜小3)も加わって、夏休み中、子ども達が夜回りを担当することに。
 自治会長の小森義博さんが知人の大工に一回り小さい拍子木3セットを作ってもらい、長浜署も反射材の肩掛けぬいぐるみを3人にプレゼントした。
 午後8時過ぎ、曳山「月宮殿」の山蔵前に集合し、夜回り開始。「火の用心」の掛け声で、拍子木を打ち鳴らす。その音を聞き、戸外に出てきた住民は「ぴったり揃うようになってきたな」と声をかけ、子ども達の夜回りを見守る。宮君は「夜の街を歩くのは楽しい」と話す。
 3人の夜回りに付き添う小森さんは「昔は子ども達も夜回りしたが、今は住民も子どもの数も減った。子どもの夜回りは数十年ぶりの復活。夏休みのいい思い出になるのでは」と、目を細めている。


2011年08月19日 16:46 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会