滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



武蔵さんの遺作展

12日からギャラリー縄で
 元虎姫町文化協会会長で、湖北の風景画などを描いた故・武蔵松蔵さん(三川町)の遺作展が12日から元浜町のギャラリー縄で開かれる。18日まで。
 大垣共立銀行の行員だった武蔵さんは長浜支店長などを務め、定年退職後は水彩画をライフワークとし、地域の文化振興活動にも取り組んだ。彦根市の絵画サークル「みずえの会」にも所属し、軽快でユーモアあふれる人柄で仲間の人気を集めていたが、昨年7月、81歳で急逝した。
 一周忌を機に、みずえの会と、大垣共立銀行長浜支店の元職員でつくる親睦会「ひょうたん会」、武蔵さんと交流のあった大垣市の「デッサン友の会」が遺作展を企画。
 展示は「茅葺民家」「スケッチ旅行」「静物」「湖北風光」の4テーマに分け遺作約30点を紹介。武蔵さんが生前、絵画仲間に送った絵手紙も展示する。午前10時から午後5時まで。


2011年08月10日 16:56 |


過去のニュース


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会