滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



川崎・練馬の凶行

 5月28日、川崎市多摩区の住宅街でスクールバスを待っていた小学生らが刃物で刺され、保護者の男性と、6年生の女児の2人が亡くなった。容疑者の男(51)は小学生らを無差別に刺した後、自殺した。親族宅にひきこもり、社会から孤立していた男が何を思って犯行に及んだのか、容疑者死亡で動機が解明されないことが腹立たしい。
 そして6月1日には東京都・練馬区で、元農林水産事務次官の父親(76)が自宅で長男(44)を殺害する事件が発生した。父親の供述によると、長男は仕事をせずに家にひきこもってオンラインゲームにふけり、両親に暴力を繰り返していたという。
 1日、自宅の隣にある小学校の運動会の音に、長男が腹を立て「うるせえな、ぶっ殺すぞ」などと騒いだのが犯行の引き金となった。4日前に発生した川崎殺傷事件と同じように人に危害を加えるかもしれないと考えた父親は、我が子を包丁で刺した。数十カ所も執拗に刺していることから、明確な殺意の下での凶行と推測できる。
 川崎の事件の容疑者と、練馬区の事件の被害者の共通点はひきこもりの中高年。内閣府が今年3月に公表したデータによると、40~64歳の引きこもりは推計61万人で、15~39歳の若年層の約54万人を上回る。
 今、80代の親と50代の子が暮らす世帯が、ひきこもりや親の介護の問題で生活に困窮したり社会から孤立したりすることが「8050問題」として深刻化している。もし、事件の背景に社会からの孤立があるとすれば、その解消にさらなる支援が求められよう。
 ただ、今回の事件で気がかりなのはひきこもりの人に対する偏見の助長だ。1つ目の事件はひきこもりの男による凶行。2つ目の事件は、ひきこもりの長男が人に危害を加えるかもしれないと危惧しての凶行。この流れから、もし、ひきこもりの当事者を、何かしら犯罪予備軍のように扱う空気が漂うのであれば、短絡的だ。
 ひきこもりの当事者は、対人関係や学校、社会の中で傷つき、苦しんでいる人たちだ。ひきこもりと事件をイメージ的に結び付けることは、当事者にさらなる社会的重圧をかけることになりかねない。こういう時こそ手を差し伸べる優しさが欲しい。

2019年06月04日 16:23 |


過去の時評


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会