滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



2018年10月19日

愚策ふたたび

 2019年10月の消費税10%への引き上げに合わせて、政府はキャッシュレス決済を利用する消費者にポイントを還元する景気対策を検討している。クレジットカードなどで決済をした消費者に、増税分と同じ2%分をポイントとして付与し、次回以降の買い物で使える仕組み。
 対象となるのは軽減税率が適用される商品も含め、小売店、飲食店、宿泊業など消費者向けのビジネスを展開する中小事業者とするそうだ。
 消費増税に伴う景気の腰折れを防ぐのが狙いだが、もちろん景気対策はただの口実で、キャッシュレス決済を普及拡大させたい経済産業省と財務省の企みと受け止めるべきだろう。
 なぜ、政府はキャッシュレス決済を進めたいのか。実店舗での省力化、脱税防止、支払データの利活用による利便性向上、消費の活性化などを理由に挙げ、「国力強化につながる様々なメリットが期待される」と説明している。
 そんな政府の思いとは裏腹に、日本のキャッシュレス決済の規模は小さい。経産省が今年4月にまとめた「キャッシュレス・ビジョン」によると、キャッシュレス決済の比率は韓国で89%、中国で60%なのに対し、日本は18%にとどまっている。
 韓国が突出しているのは政府によるクレジットカード利用促進策が強力なためだ。クレジットカード利用額の20%の所得控除(上限30万円)を受けられ、クレジットカード利用者を対象に毎月、当選金1億8000万円の宝くじの抽選が行われている。店舗でのクレジットカード決済の取り扱いを義務化していることも大きい。
 一方、日本はATMの利便性が高く現金が容易に入手できるうえ、現金決済でもレジ処理が速い。消費者が現金に安心感を抱き、特に不便を感じていない。
 そこで、政府は消費増税に伴う景気対策に便乗してポイント還元を思いついたようだが、キャッシュレス決済の普及率が18%にとどまっている現状、中小小売店のシステム導入コストなどを考えると、国民に迷惑をかける愚策でしかない。カードを持たない高齢者への配慮も考えていない。立憲民主党の枝野幸男代表が「中小零細の小売業者がそれに対応できるのか。全く暮らしの足元を見ていない、草の根を見ていないことの象徴的な愚策だ」と批判する通りだろう。
 よく似た愚策が3年前に登場して消えたことがあった。消費税の軽減税率が議論されていた際、レジでマイナンバーカードを提示すれば、後日、軽減税率分の現金の還元を受けられるという案だ。財務省がマイナンバーカードを普及させたい総務省と結託して画策したが、消費者の利便性を無視したこの愚策は早々に立ち消えた。今回のポイント還元もお役所の都合で生みだされたものに過ぎず、喜ぶのはカード会社だ。
 日本でキャッシュレス決済を普及させるなら、カード決済システムの導入コストと手数料の引き下げ、売上金入金のスピードアップなどカード会社側の努力が欠かせない。
 軽減税率の導入で、中小の小売店では煩雑な作業を強いられるというのに、そこに追い打ちをかけるような政府の愚策。早々に撤回してもらいたい。

| | トラックバック ( 0 )

2018年10月10日

「スポーツ」の起源

 1964年に東京五輪の開会式が行われたことにちなんで、「体育の日」は長らく10月10日とされてきたが、2000年以降は、祝日を月曜日に移す「ハッピーマンデー制」の適用によって、10月の第2月曜となっている。これでは「体育の日」のルーツを知ることができないが、連休は歓迎されている。
 その体育の日も2020年東京五輪に合わせて「スポーツの日」に改称され、おまけに同年に限り、五輪の開会式が予定されている7月24日(金曜)に移す。さらには前日の7月23日(木曜)を「海の日」(本来は7月の第3月曜)として強引に4連休に作るそうで、もはや祝日はその起源にお構いなく、その時々の都合で問答無用に変更されるものとなってしまった。
 さて、「eスポーツ」と呼ばれる競技が注目を集めているそうだ。「エレクトロニック・スポーツ」の略で、コンピューターゲームによる対戦をスポーツ競技としてとらえたものだ。五輪種目になる気配は今のところないが、2022年杭州アジア競技大会の正式種目に採用され、海外では各種大会が開かれている。
 辞書でスポーツを引くと「余暇活動・競技・体力づくりとして行う身体運動。陸上競技・水泳・各種球技・スキー・スケート・登山などの総称」などとある。辞書にある通り、スポーツは身体運動を伴うものという先入観を持つ小生にとっては、コンピューターゲームをスポーツと呼ぶことに、もやもやした気持ちを抱く。ただ、カーレースなどを「モータースポーツ」と称したり、「健康マージャン」を高齢者のスポーツ大会の種目としていることを考えると、スポーツの定義は意外に広いのかもしれない。
 スポーツの語源を紐解くとラテン語の「deportare」に由来する。「日々の生活から離れること」などと直訳され、転じて「気晴らしをする、楽しむ、遊ぶ」という意味で使用された。この語源に忠実であれば、ゲームに興じて気晴らしやストレス解消するのもスポーツではあるが、「スポーツの日」に部屋に籠ってテレビゲームなんていう姿を想像すると、やはり、もやもやは残る。

| | トラックバック ( 0 )

2018年10月03日

第4次安倍改造内閣

 第4次安倍改造内閣が2日発足した。麻生太郎副総理兼財務相、河野太郎外相、世耕弘成経済産業相らを留任させて、経済と外交の路線維持を図ったほか、総裁選で安倍首相を支持した派閥に配慮して12人を初入閣させた。総裁選で対立した石破派から山下貴司氏を法相に起用。女性閣僚は片山さつき・地方創生担当相のみだった。
 安倍首相は「実務型の人材を結集した」と説明するが、派閥の声に配慮して石破派からも起用した今回の改造は派閥均衡型と分析できるのではないか。初入閣12人の手腕は未知数ながら、内閣や党の重要ポストは安定感のある布陣。安倍首相がまずは派閥を含め党内をしっかり固めて悲願の憲法改正の道筋を付けたいという意欲があからさまに見えるが、今回の人事を各紙朝刊は社説でどう論じたのだろうか。
 朝日は総裁選で支持した派閥にポストで報いたと指摘し、「こんな内向きの人事では、政治や行政への信頼を取り戻し、難しい政策課題に取り組む足場を固めることなどできはしまい」と厳しい。女性閣僚が1人という点に、安倍政権が掲げる「女性活躍」が「看板倒れ」であると指摘し、金銭授受疑惑で2年前に閣僚を辞任した甘利明・元経済再生相を党の選対委員長として「復権」させたことも批判している。
 毎日も初入閣が12人にのぼることに、「安倍晋三首相の3選を支持した各派閥の意向を尊重した結果だ」とした。また、片山地方創生担当相について「貧困家庭の子どもを中傷するようなツイートをして物議を醸したことがある。参院外交防衛委員長のときには審議に遅刻して謝罪した」と人選を疑う。そのうえで、「長期的課題を担える布陣なのか」と疑問を呈した。
 読売は「要所に実力者を配した上で、入閣経験のない議員を積極的に登用した。安定感の確保と、党の活性化に腐心した布陣である」と好意的に評価した。そのうえで、「長期政権ゆえの緩みや驕りが目立つ中、内閣全体が緊張感を保ち、優先順位を付けて政策を遂行することが重要である」とし、「その努力を怠れば、内閣は直ちに失速することを、首相は肝に銘じるべきだ」と注文を付けた。
 産経は麻生財務相や河野外相らの留任を「妥当」としたうえで、財務省が決裁文書改ざんなどの不祥事を重ねたにもかかわらず留任となった麻生財務相、そして金銭授受疑惑で閣僚を辞任した過去のある甘利氏に対して「けじめ」や「説明責任」が求められるとした。そのうえで、「さらに必要なのが国民からの信頼を高める努力だ」と指摘し、今後、安倍政権が前のめりになる憲法改正などについて「国民に丁寧に説明し、対話を重ね、率直に協力を求める。謙虚な政治の姿をみたい」と国民目線の政治を求めた。
 日経は「政権の骨格である側近グループを留め置く一方、自民党の各派閥の要望を大幅に取り入れ、党内力学に目配りした布陣」と分析。ただし、「自民党総裁選の論功行賞、入閣待望組の滞貨一掃」という指摘を「そう的外れではない」とした。また、「有権者がみているのは、日ごろの暮らし向きを良くしてくれるかどうかだ。留任閣僚は財務、経済産業、経済再生といった経済分野が多い。改造内閣の声価を定めるのは結局は、この面々である」と、経済紙らしい締めくくり。
 朝日、毎日が安倍政権に批判的で、読売、産経が好意的というのは既定路線であり、この日の社説も脱線はない。日経は経済政策の成否が内閣の評価を決めるとして論評を避けた、というところだろう。

| | トラックバック ( 0 )


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会