滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



コンビニの成人雑誌

 イオングループ傘下のコンビニエンスストア「ミニストップ」(千葉市)が来年1月から国内の全2245店舗で成人向け雑誌の販売を中止すると発表した。コンビニ業界では初めての試みだ。子どもも女性も日常的に利用するコンビニに、平然と成人雑誌が並ぶ光景は、外国人観光客から驚きを持って見られているが、2020年の東京五輪を前に対応が必要と判断した。
 本社がある千葉市では熊谷俊人市長が今年2月、東京五輪を見据えて「国際的感覚に照らして疑問を持たれかねない」とコンビニでの成人雑誌陳列について疑問を呈し、雑誌にカバーを掛けて表紙を見えなくするモデル事業を発表。市内のコンビニに働きかけたが、拒否されるなど事業が難航していた。
 一方、成人雑誌の陳列に対して利用者から苦情が寄せられ、陳列を取り止めている店舗もすでにある。同社は女性客の割合が増え女性客をターゲットにした商品も展開していることから、成人雑誌の販売中止に踏み切ることになった。
 コンビニでの成人雑誌の販売をめぐっては、堺市とファミリマートが協定を結び、雑誌にカバーを掛けて販売している。
 出版業界から「表現の自由に抵触するのではないか」との声が出ているが、コンビニという公共性の高い空間で、どこまで性的な表現を認めるのか。これは社会全体の感覚が問われる課題ではあろうが、老若男女が利用するコンビニに平然と成人雑誌が陳列している光景は、2度目の五輪を控えた日本にミスマッチであろう。

2017年11月22日 16:42 |


過去の時評


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会