滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



絶妙の23・4度

 朝晩がすっかり寒くなり、夜の合唱は秋の虫が主役に取って代わった。街路樹の葉も少しずつ緑を失って見え、本格的な秋の到来を感じる。
 四季の移ろいを感じられるのも地球が23・4度の傾きを保っているからだと中学校の理科の授業で教わった。地軸が傾いたのは、約46億年前、誕生したばかりの地球に巨大な天体が衝突したことによる、という説が有力だ。この衝突は「ジャイアント・インパクト」などと呼ばれるが、この衝突の際の破片が集まってできたのが月だと考えられている。そして、その月の引力のおかげで、23・4度という傾きが維持されているそうだ。
 地軸の傾きは地球に豊かな季節の変化をもたらす。例えば夏至は北に行くほど昼が長くなり、北緯66・6度以上なら一日中太陽が沈まない。逆に南緯66・6度より南は一日中太陽が昇らない白夜や極夜となる。赤道付近は昼と夜の長さは一年中変わらないため「四季」はないが、大気や海流の影響から雨季や乾季が存在する。
 もしも、地軸が傾いていなかったら、つまり自転軸が公転面に対して垂直だったら、どうだろうか。いつも昼と夜の長さは一定で、太陽の黄道も上下することなく、いつも同じ高さ。きっと季節の変化は少ないだろう。
 逆に、自転軸が公転面に対して横倒しなら、長期間、太陽が沈まない地域、もしくは太陽を見ることがない地域ができ、前者は灼熱、後者は極寒の地となる。ちなみに天王星は98度の傾きのため、ほぼ横倒しの状態。おまけに公転周期が84年もあるから、極地に近い部分は42年ごとに昼と夜が入れ替わる格好となる。
 地球は23・4度という絶妙の傾きが維持されているおかげで、程よい季節変化を楽しむことができると思うと、その奇跡を感じずにはいられない。
 あす23日の「秋分の日」は地球の自転軸が太陽に対して並行になるから、昼と夜の長さがおおよそ同じとなる。以降、昼は夜に比べて短くなり、寒さがいよいよ増すこととなる。

2017年09月22日 15:56 |


過去の時評


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会