滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



PM2.5、危険は屋内に(見聞録)

 微小粒子状物質「PM2・5」が、大気汚染の深刻な中国から飛来し、国内自治体では危険濃度を観測した際に注意報を出すなど、対策に追われている。
 ところが、日本で大気汚染が深刻なのは屋外ではなく、どうやら禁煙措置のない飲食店など屋内のようだ。
 医師らで組織する日本禁煙学会は2月、たばこの煙も「PM2・5」であり、危険性が高いという見解を発表した。例えば、自由にたばこを吸える居酒屋は、北京の大気汚染が最悪な状態と変わらないのだという。
 大気汚染の濃度は1立方㍍の空気に含まれる物質の重さ(マイクロ㌘)で表される。PM2・5は直径2・5マイクロ㍍以下の微小粒子を指し、工場や車などから排出されるススなどがある。もちろん、タバコの煙にも含まれ、フィルターを通さずに周囲に広がる副流煙に多い。これら微小粒子を多く吸い込むと、ぜんそくや肺がん、心臓病などのリスクが高まる。
 PM2・5の日本国内の環境基準値は1日平均35マイクロ㌘以下とされているが、学会の発表では驚くべきデータが並ぶ。自由喫煙の居酒屋568マイクロ㌘、居酒屋の禁煙席336マイクロ㌘、パチンコ店148マイクロ㌘、喫煙家庭46・5マイクロ㌘。
 北京では濃度が400マイクロ㌘、500マイクロ㌘を記録した際、6段階の指標のうち最悪の「深刻な汚染」と発表し、市民に外出を控えるよう呼びかけたが、学会の発表する数値からは居酒屋の空気汚染の深刻さがうかがえる。「飲食サービス業における受動喫煙問題こそ、一刻も早く解決しなければならない日本の空気汚染問題」と訴える学会の主張に、うなずきたくなる。
 日本癌学会など18学会でつくる学術グループの調査でも、喫煙可能な喫茶店での測定結果は平均371マイクロ㌘、別のカフェの喫煙席も200〜700マイクロ㌘を観測している。
 中国の大気汚染に怖い怖いとマスクをしながら、飲食店で喫煙者の副流煙を吸わされては笑えない話だ。
 中国の大気汚染に大騒ぎするのを機に、国内での屋内喫煙のあり方を議論する機会としてもよいのではなかろうか。

2013年03月13日 17:38 |


過去の時評


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会