滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



野田政権は糞詰まり

 野田首相は窮鼠猫を噛むの心境か、口を開けば消費税を上げると威勢がいい。
 上げるまでには、国民に納得させる根拠を示さねばなるまいが、今の姿は、なりふり構わず、増税一点張りだ。
 増税は、政治家にとっては本来鬼門で、分かっていても、それを言えば選挙に響くから、いろいろカモフラージュしたり、いうべきチャンスをうかがう。消費税を導入したのは竹下内閣の末期だった。
 ときの総理・竹下登は世論の反対を押し切って消費税を上げたが、国民の目をそらすため内閣を総辞職し後任に外相・宇野宗佑を指名した。
 宇野は総理就任早々の参議院選で敗北した。竹下内閣の消費税導入の推進役は、政府税制調査会長の山中貞則だった。彼は中曽根康弘に次ぐ自民党切っての長老で、宇野の先輩でもあった。その山中が、その後の衆議院選で、消費税がたたって落選した。
 そういう過去の消費税の険しさを百も承知の野田が臆面もなく、鬼の首でもとるかのように消費税をいうのは、本心愛国の至情からの雄叫びであろうか。
 ぼくにはそうは思えない。消費税がからまなくとも、いまの民主党では次の選挙に勝てない。
 それは、ごまかしのマニフェストが票取りのために国民にウソをついたことが明々白々になったからである。どの道、負けるのであれば、世紀の大政治家として、日本の財政再建の捨て石となるべく、消費税を上げようというのが本音であろう。
 消費税を上げるには、現在の予算の総括をして、徹底的な無駄の排除を断行せねばならないが、この内閣はこれには及び腰である。むしろ間口を広げたばらまき政策の綻びに腐心し、歳出をそのままにして、消費税以外にも増税を考え、さらには圧縮すべき国債も減らす気配は一切ない。
 いま、増税前に手をつけねばならぬのは政府系の各種の財団法人の整理と官僚の天下り廃止であるが、国家公務員の労組の強い民主党では出来っこないし、これと連動する公務員の定数減と給料ダウンもできない。肝心の国会議員減らしも口先だけである。
 こんな時機に堂々と信念的に消費税増税をいうのは、実は「解散」のおどしで、自分の内閣が風前の灯なので、一日も長く寿命を延ばしたいからである。
 野田首相は増税が通らねば、衆議院を解散するといっているが、その脅しがきいているから、出来の悪い大臣が何人も辞めさせられたり、さらしものにされていても内閣は保っているのだ。
 第一、消費税を上げるといったって、小沢一郎派の100以上反対派をどうするのか。できっこないことを言いふらしているのは権力にしがみつく末期現象で、国策として、なすべき施策は糞詰まりである。早くやめて政界を再編成せよ。【押谷盛利】

2012年02月08日 16:09 |


過去の時評


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会