滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



雪かきに追われて(見聞録)

 1日夜から降った雪は勢いを衰えさせることなく降り続き、2日朝は驚く程の積雪量となっていた。
 おそらくほとんどの市民が早朝から雪かきに追われたことだろう。通勤時間には道路が混雑し、定刻通りに出社、登校できなかった市民も少なくなかっただろう。
 小生もアパート駐車場から車を出すのに1時間弱、事務所に到着してから駐車場確保のため、さらなる雪かきに追われた。今、このコラムを書く手に握力が入らない。
 近年まれに見るこの大雪を機に、豪雪への心構え、マナーを考えたい。
 積雪の際はいつもより早起きし、近所同士で力を合わせて除雪に汗を流すのがマナーだろう。お年寄り世帯の除雪にも助け合い精神を発揮したい。
 道路への雪出しをよく見かけるが、これはNGのようだ。道路法、道路交通法で直接的な言及はないが、交通に支障をおよぼす恐れのある行為について「何人も、交通の妨害となるような方法で物件をみだりに道路に置いてはならない」と禁じている。
 これらの法律を根拠にして、道路への雪出しを条例で明確に禁じている自治体もあり、マナー違反というより、ルール違反となるようだ。
 除雪で注意したいのは、排水溝などに雪を捨てる行為。まれに雪が詰まって一帯が床下浸水に見舞われることもある。
 除雪車の運行に支障を来たすような路上駐車はご法度だ。渋滞を引き起こす原因にもなり迷惑極まる。また、車を走らせる際はいつ何時大渋滞に巻き込まれるか分からない。ガソリンの残量に余裕を持ちたい。
 一昔前に比べると、除雪車が走り、道路には融雪装置がついていて雪の苦労は減っている。それでもこれだけ積もると、市民が団結して汗を流すしかない。
 小生も、そろそろ筆を置き、またスコップを持つとしよう。

2012年02月02日 16:26 |


過去の時評


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会