滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



日本のリーダー橋下徹

 2011年11月27日、日本の大阪が世界の大阪へ飛躍するシグナルが高々と輝いた。
 仁徳天皇の難波の都、豊臣秀吉の大阪城を思わせる世紀の大変革が民主主義のルールに沿って華々しく第一歩を踏み出した。
 注目の大阪府知事、大阪市長のダブル選は、地域政党・維新の会が完勝し、前知事の橋下徹氏(42)が市長に、維新幹事長の前府議・松井一郎氏(47)が府知事に当選した。
 まさに橋下旋風が大阪を変え、日本を変える歴史的スタートのセレモニーにふさわしく、全国民の注目を浴び、かつ、その心を沸かした。
 NHKテレビは、国民の視聴率最高の「江姫」最後の番組を予定より半時間早めて放映したが、大阪の選挙結果報道が黄金番組の時間帯を狂わすほどに重視されたことは、これの発信が世紀の大事業と革新したにほかならない。
 NHKは27日夜8時、投票締め切り直後、早々と橋下、松井の市長、知事の当確を流した。当日の出口調査とこれまでの取材結果の総合データによる確かな読みによる。維新勝利のニュースは地響きを打って全国をかけめぐり、大阪では号外が深夜の繁華街や私鉄のターミナルで通行人の足を止めた。
 この選挙結果を松井知事は改革(維新)への第一歩とし、身の引き締まる重みを感じると語った。満面の笑みで報道陣の前に立った橋下新市長は信任された大阪都構想は知事を先頭に推進することを明らかにし、法整備で国会議員の協力が得られぬ場合は国政へ維新の会の候補を立てるとも明言し決意の強さを訴えた。
 また、市議会で否決された維新提案の「教育・職員基本条例案」については市長提案するとし、市政改革に対する選挙の結果について、これまでの職員は市長選を単なる椅子獲得のセレモニーくらいにしか考えていず、民意重視の政治主導が軽んじられてきたが、反対論が出尽くした上での有権者の出した結論(選挙結果)は重い。行政組織は選挙結果をしっかり受け止めないといけない。予算については意味の分からない補助金や市職員の給与体系も見直す。民意を無視する職員は去ってもらう、などと、力強く、改革への抱負を語った。橋下氏は、選挙前から、大阪を変えれば国も変わる。そして大阪が世界の大阪になれるとも語った。
 今回の選挙の意味は民意が政治を変えるという大鉄則を内外に示したことだ。日本の政治は中央も地方も表面は選挙を通じ民主主義の顔を見せているが、実質は官僚主導で、役人政治だった。それに業界が癒着し、国家・国民を思う心が疎んじられてきた。行政改革の一つを取り上げても大きな壁に遮られ、政治が選挙のための政治となって、腐敗の温床となり、利権政治を生み出した。
 橋下改革の叫びはリーダーを求めていた国民の声に応えるものだった。名古屋を変えるべく立ち上がった減税の河村市長、正論と国家意識の上に立って信頼を集めている石原都知事、政党では国政改革へ期待されているみんなの党の渡辺代表。
 ゆくゆくは新しい日本の舵取りとなる政界再編成につながるが、それには垢のついた古い政治家ご無用である。【押谷盛利】

2011年11月28日 17:07 |


過去の時評


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会