滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



ギリシャの財政再建(見聞録)

 日本は800兆円を超える財政赤字を抱え、台所事情は火の車だが、遠くヨーロッパのギリシャでは財政悪化を引き金に、公務員がストを起こし、マヒ状態となっている。
 財政再建計画を打ち出したが、公務員の社会保障費の削減や増税を盛り込んだ内容のため、公務員が反発。24日には、計画に反対する公務員が一斉にストを起こし、推計で250万人が参加したという。電車、バス、飛行機などの交通機関をはじめ、銀行やテレビも業務を停止した。首都のアテネではデモ隊が警官隊に投石するなど暴徒化したと伝えられる。
 アテネ国際空港は終日、全面閉鎖となり、観光業に大打撃となっている。
◇ギリシャでは、基幹産業の海運、観光の不振に加え、公務員への手厚い社会保障、そして、脱税が横行しているという。
 同国ではこれまでも財政赤字が続いていたのだが、他のEU加盟国に比べて突出したものではなかった。しかし、昨年12月、政府が赤字額を過少計上していたことが発覚し、EU内最悪の実態が表面化。
 他のEU加盟国から早急な財政再建を迫られ、政府が思い切った改革を打ち出した訳だ。
 再建には、税収アップと歳出削減が不可欠なのだが、公務員は歳出削減で給料やボーナスが減らされると猛反発し、今回の全国的ストに発展した。
◇ちなみに、ギリシャの債務残高はGDPの135%にのぼる。
 一方、日本の場合は、昨秋、財務省が発表した資料によると、189・5%という数値で、ギリシャよりも悪い。
 アメリカ87・4%、イギリス75・3%、フランス86・4%、ドイツ78・2%と比べても、日本が突出していることがうかがえる。
 ギリシャはストを呼び込む程の過激な財政再建計画を打ち出したが、日本の民主党政府はいつになったら再建に取り組むのか。
 公務員の削減、天下りの禁止、無駄な公共投資の廃止、バラマキのストップなど、取り組むべきことは無数にある。
 少なくとも、今年からリッター6㌔のアメリカ車に導入した「エコカー補助金」などは、税金の無駄遣い以外の何ものでもない。

2010年02月25日 14:28 |


過去の時評


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会