滋賀夕刊新聞社は滋賀県長浜を中心に政治、経済、文化の情報をお届けする新聞です。



市長・市議のブログ(見聞録)

 インターネットが日常生活に不可欠な情報収集・発信の手段として定着し、多くの利用者が「ブログ」と呼ばれるネット上の日記を綴っている。
 政治家も、自身の政策や日々の活動を有権者に伝えるため、ブログを開設。個人によってそのテイストは様々で面白い。
 例えば、民主党の田島一成環境副大臣は国会や地元での活動を主に写真で紹介している。
 県議の川島隆二氏は「川島隆二走ってます」のタイトルで、県議会の様子や日々の出来事を綴っている。
 市議の脇阪宏一氏は愛国心溢れる「君が代」というタイトル。教育問題やバレーボールの話題のほか、政権交代後は民主党政権への批判が目立っている。
◇先日の市長選で争った藤井勇治氏と川島信也氏もそれぞれ、ネットを活用している。
 藤井氏は写真を中心にした活動報告で、これは衆院議員時代から続いているもの。
 川島氏は昨年12月からブログ「長浜市長の雑談」(現在は「前長浜~」)をスタートさせた。日常の公務で感じたことや、市長選に向けた準備などを文章のみで伝えている。その気さくな言葉が同氏の人柄を代弁している。
 選挙後は「予想外の敗北でした」とし、「今後は一市民として長浜のためにがんばりたい」と綴っている。また、「市長と市長の間の浪人中はよく外国旅行にでかけました」と振り返り、「長浜には名所旧跡がいっぱいあります。訪れたいところは多々あります。新しい出会いも期待したいです」と続けている。今後も楽しみなブログだ。
◇このほか、興味深いのは市議の押谷友之氏の「風のささやき」。1市6町合併協議が大詰めを迎えていた1年前には、協議の行方を克明に綴り、関係者の注目を集めた。
 今週からは「市政交代劇」と題した連載が始まった。藤井氏の選挙応援に走り回った同氏の目線で描いたドキュメンタリー。きょう18日正午現在で、第3話まで掲載されているので、興味のある方はどうぞ。

2010年02月18日 14:35 |


過去の時評


しが彦根新聞
滋賀夕刊電子版
滋賀夕刊宅配版
滋賀夕刊デジタルトライアル
“新聞広告の資料請求、ご案内はこちらから"
 
長浜市
長浜市議会